TEL. 0467(42)0987
HOMEグラフィックTOP > メッセージカードTOP
・メッセージカード 10design10sheets \300(税込)
・メッセージカード絵柄で、名刺やショップカードを作成する サービスも行っております。
10絵柄10枚¥300 (税込み)
メッセージカード 「秋」 10design            ご注文
「コスモス」
コスモス(Cosmos)は、キク科コスモス属の総称で、 アキザクラ(秋桜)とも言います。秋に桃色・白・赤などの花を咲かせます。 花は本来一重咲きですが、舌状花が丸まったものや、 八重咲きなどの品種が作り出されています。 日本には明治20年頃に渡来したと言われています。 秋の季語としても用いられます。 「コスモス」=ギリシア語で秩序、調和、宇宙の意味。 また、「飾り」「装飾」「美しさ」という意味もあります。
「ぶどう」
ブドウ(葡萄、学名 Vitis spp.)は、 ブドウ科 (Vitaceae) の蔓(つる)性低木です。 果実は、そのまま生食されるほか、乾燥させてレ ーズンに、また、ワインやブランデーなどのアルコール飲料、 ジュース、ゼリー、缶詰の原料となります。 また、種子にはプロアントシアニジンという成分が含まれ、 健康食品用などに抽出も行われています。 紫色をした皮にはアントシアニンなどのポリフェノールが 豊富に含まれています。
「晩秋」
晩秋とは、寒露(10月8日ごろ)から 立冬の前日(11月6日ごろ)までのことです。 カエデ(槭、槭樹、楓)はモミジ(紅葉、椛)とも呼ばれ、 食用サトウカエデといわれる種は樹液が甘いので、 これを採集し煮詰めてメープルシロップを作る ことで知られています。又このサトウカエデは、 その葉っぱがカナダの国旗にデザインされていることでも有名です。
「かかし」
かかし(案山子)は、民間習俗の中では田の神の依代 (山の神の権現とも言われる) であり、霊を祓う効用が期待されていました。 というのも、鳥獣害には悪い霊が関係していると考えられていたためです。 稲刈りは古来より、日本の農村部における秋の代表的な風物でもあります。 秋祭りは、その年のイネが無事に収穫されたことを祝い、 来年も豊作であることを祈願する祭りです。
「からすうり」
近縁種のキカラスウリの地下のより大きな塊根からは、 デンプンが採取され、これを天花粉と呼んであせもの予防、 治療に用いたり、瓜呂根と呼んで薬用にもなります。  種子はその形から打ち出の小槌にも喩えられ、 財布に入れて携帯すると富みに通じる縁起物として 扱われることもあります。かつては、しもやけの薬として実から 取れるエキスが使用されていました。若い実は漬物にするほか、中身を 取り出し穴をあけてランタンにする遊びに使われます。 近年ではインテリアなどの用途として栽培もされています。  カラスウリ(烏瓜、Trichosanthes cucumeroides)はウリ科の植物で、 つる性の多年草。朱色の果実と、夜間だけ開く花で知られます。
「菊」
日本にも350種ほど野菊(下記参照)が自生していますが、 ヨモギのように食用とされ、観賞の習慣は平安時代頃、 中国から秋の重陽の節句とともにもたらされます。 万葉集には全く現われませんが、 古今集あたりから盛んに歌にも詠まれるようになりました。
「柿」
カキノキ(柿の木)はカキノキ科の落葉樹で、 東アジアの固有種で、特に長江流域に自生しています。 「柿の花」は夏、「柿」・「熟柿」・「木守柿」は秋の季語です。 なお、この木守柿とは、カキノキになった柿の実をすべて収穫せず、 木になったまま残しておく数個の柿の実のことです。 「こもりがき」、「きもりがき」、「こまもりがき」、「きまもりがき」 と読まれます。このような風習は、来年の豊作への祈願であるとも、 野鳥のために残しておくともいわれます。なお、ユズなどについても、 同じような風習があります。
「キュウイと鳥」
キウイフルーツ(kiwifruit、学名:Actinidia deliciosa あるいは Actinidia chinensis)とは、 マタタビ科マタタビ属の落葉蔓性植物、またはその果実です。 シナサルナシ(オニマタタビ)という長江流域などの 中国中部原産の植物が1904年にニュージーランドに移入されて栽培され、 改良されたものです。日本における花期は5月頃。 「キーウィーフルーツ」「キーウィフルーツ」「キウィフルーツ」などの表記も使用されます。 産地は温帯から亜熱帯で、熱帯果実ではありません。
「栗」
クリ(栗)は、ブナ科クリ属の木の総称。落葉樹。 種子を食用にします。北半球の温暖で湿潤な地域に広く分布しています。 日本では栗を干した後に搗(つ)いて殻と渋皮を除去したカチグリ (搗栗)が利用されていました。カチグリは名前が「勝ち」につながる ため武家の縁起物とされていました。日本在来種の栗は渋皮が取れにくくカ チグリにするための手間がかかるため、近年では渋皮の取れやすい 海外産の栗が安価なカチグリの原料とされています。
「どんぐり」
ドングリ(団栗)はブナ科のクヌギ・カシ・ナラ・カシワなどの 果実(正確には種子ではない)の総称で、狭義にはクヌギの果実 を指します。内部の種子の大部分を占める子葉はデンプン質に富みます。 小動物の食料や、日本の古典的な玩具の材料になります。 「団」は「まるい」という意味を持ち、団栗は「丸い栗」という 意味になります。

アートバード株式会社
〒247-0056 鎌倉市大船2-20-26 花井ビル2F
TEL:0467-42-0987 FAX:0467-42-0988
MAIL:info@artbird.co.jp
URL:http://www.artbird.co.jp/

   

   

   

   

   

   

メッセージカードTOP

名刺やショップカードの制作を いたします。


新作

   

   

グラフィック ホームページ コンテンツ グッズ ギャラリー